ちょっとした隙間からも入ってくるイタチの撃退方法

時間がかかります

鼠

ねずみ駆除の特徴は、根気のいる作業になるということです。ねずみは非常に警戒心の強い動物です。また、家具の位置が変わったり、見慣れないものが置かれていたりすると、その場所には近づかなくなります。さらに、夜行性であることから、その姿を捉えることが難しいです。このことから、ねずみ駆除業者であっても、一日二日で駆除が完了することはまれです。さらに、ねずみは家の中にいるものだけでなく、家の外からも侵入してきます。家の中にいるねずみをいくら駆除しても、外からの侵入に関して対策を施さなければ、ねずみがいなくなることはありません。家の中と外、両方の対策を行って初めて、ねずみ駆除は完了します。このようなねずみの特徴を頭に入れて、駆除することが大切です。

ねずみ駆除の方法は、ねずみ捕り、殺鼠剤、粘着シートなどがあります。また、ねずみの侵入を防ぐ方法には、忌避剤があります。しかし、ねずみ駆除を自分で行う際に気を付けることがいくつかあります。まず、ペットや小さい子どもがいる場合には、被害が及ばないように配慮する必要があります。バネ式のねずみ捕りはバネが強力であるため、けがをする危険があります。また、殺鼠剤を誤って食べてしまった場合には、健康を害するおそれがあります。そして、燻煙タイプの忌避剤を使用する場合には、動植物や食品などに煙がかからないようにする必要があります。また、ねずみを捕獲した際には、ねずみを処理する必要があります。殺鼠剤の場合は、ねずみを探す手間もかかります。